FC2ブログ
2013. 10. 01  
大阪地下鉄の中央線にこんな電車が走っていました。
近鉄ライナーズ車両
2013. 09. 24  
昨日午後から、梅田スカイビル タワーウエスト36階にある「スペース36L」でおこなわれた、「RWC2019アンバサダー「TEAM2019全国キャラバン」in大阪ワークショップ」に参加しました。

この日出席されていたアンバサダーは、元木由記雄氏、大畑大介氏、増保輝則氏、松田務氏の4名。司会は、慶応日本一監督の上田昭夫氏でした。
アンバサダー 大畑氏

アンバサダー 増保氏

アンバサダー 元木氏

アンバサダー 松田氏

司会 上田氏


アンバサダーの紹介後、4グループにわかれて、

①2019ラグビーワールドカップに向け、ファンができること。
②アンバサダーにやってほしいこと。

をディスカッションし、その内容を各アンバサダーが発表するという内容でした。


私は元木由記雄氏のグループで様々な意見の交換をおこないました。


やはりファン層を増やすためにターゲットとして、

①女性
②子供

をどう取り込むかで多くの時間をさきました。

やはり試合会場に女性が多く集まれば選手もやる気が出ますし、観客も多く集まり増すもんね!!


またかつてラグビーをやっていた方々を、どうやれば再びラグビーに振り向いていただけるかという内容も考えさせられるものがありました。

私が典型的な例だと思いますので、私のノウハウも生かして再びラグビー人口を増やせるよう微力ながら頑張りたいと思います。
2013. 07. 12  
兼ねてより日程調整中でした、日本vsニュージーランドの試合日および会場が決定しました!!

私は日本がオールブラックスと戦った初戦(1987年、花園ラグビー場)の0-74のスコアで敗れた試合を観戦したのですが、今考えたらこの試合の失点がvsオールブラックスの最小失点だったんですね。

1995年のワールドカップでの惨敗(17-145のスコア)が日本ラグビー没落のきっかけになったので、勝ち負けはともかく感動する試合をして、これをターニングポイントとして「あれからラグビー盛り上がったよな」と何10年後に居酒屋でいえるようになって欲しいんですけど..........。

嬉しいことに両国がこの試合をテストマッチとして認定するとのことで、オールブラックスは真剣に日本に向ってくることが予想され、その素晴らしいプレーが日本で見ることができるなんて夢のようです。

会場は国立競技場ではなく秩父宮なので、満員になることは必至(!?)と思われるため、早めに前売りチケットを購入する予定です。


<試合概要>
● 対戦カード 日本(IRBランキング14位)vsニュージーランド(同1位)
● 日時 11月2日 KO未定
● 場所 東京・秩父宮ラグビー場


<過去の対戦成績>
日本 0勝4敗

1987年10月25日 日本 0-74  日本・花園ラグビー場
1987年11月 1日 日本 4-106  日本・国立競技場
1995年 6月 4日 日本 17-145 南アフリカ・ブルームフォンテーン
2011年 9月16日 日本 7-83  ニュージーランド・ハミルトン
2013. 06. 19  
6月15日日本vsウェールズ戦の動画がYOU TUBEにアップされていましたので、貼り付けておきます。


2013. 06. 16  
単身赴任のメリットを最大限に活かし、昨日東京秩父宮ラグビー場でおこなわれた国際親善試合、日本vsウェールズの第二戦を観戦しました。
日本vsウェールズ オープニングセレモニー


先週の花園は大接戦だったので、否が応でも日本の「大金星」に期待が掛かります!!

しかしウェールズ側から見ると、初戦は「ふがいない試合」であると思われ、今回は相当気合を入れて挑むはずです。

前半の20分で大差にならなければ、初戦同様接戦になると思うのですが果たして結果は如何に!!


結果から言うと23-8のスコアで日本が歴史的大勝利を挙げました!!
ノーサイド!! 日本歴史的大勝利!!

日本は先週の花園での試合同様、総じてディフェンスが整備され、ウェールズ相手に1トライに抑えたのが最大の勝因です。

まったくビッグゲインを許さなかったので、ホント良かったです。

日本FWがウェールズFWにまったく力負けしなかったのも大きな勝因の1つですね。
スクラム

スクラムは押し込まれることもなく、ブレイクダウンもまったく負けていませんでした。

これならBKに安定的にボールが供給されるので、特に後半攻めることができました。

またハーフタイムで綿密なミーティングがあったのでしょう。ウェールズのラックサイドのディフェンスが薄いので、そこを攻めてゲインし、ディフェンスが集まったところでBKで散らす作戦が功を奏したと思います。
試合終了後の日本フィフティーン


それにしても今回も花園同様秩父宮が超満員の観衆で膨れ上がり、日本を後押ししたのが大金星に結び付いたと思います。
秩父宮は超満員!!

やはり代表戦は大観衆の中で試合をしないとダメですね!!

主力が抜けていたとはいえ、IRBランキング5位のウェールズを破ったので、2015年のワールドカップまでどれだけ日本が成長するのか非常に楽しみです!!
2013. 06. 09  
昨日近鉄花園ラグビー場で行われた国際親善試合、日本vsウェールズの試合を観戦しました。

実力的にはIRBランキング5位、今年のヨーロッパチャンピオンのウェールズの実力が飛びぬけていると思いますが、同時期にブリティッシュライオンズのオーストラリアツアーで主力がかなり抜けているので、「ひょっとすればいい試合になるのではないか?」と思い花園に入りました。


試合開始寸前に会場に入ったのですが、ラグビー協会のPR活動が実を結び超満員!!
花園ラグビー場は超満員①

スコアボード下までぎっしり詰まったのはホント久しぶりです!!
花園ラグビー場は超満員②

やはり代表の試合はこうでなければなりませんね!!


さて試合の方ですが、その大声援に日本は後押しされ、最後の最後まで互角の戦い!!
日本vsウェールズ①

結局18-22のスコアで敗れるのですが、トライ数は2-1で上回るなど非常に惜しい試合を落としました。

たらればはいけませんが、後半早々の2つのPGを決めていれば......。ウェールズ唯一のトライだったシーンの脅威のバックパスが通っていなければ.....。勝っていただけにホント惜しい。
日本vsウェールズ②

またそこまで日本が追い込んだのは非常に進化していると思います。

ただ惜しむならば、勝負どころのラインアウトがうまく取れなかったこと。スクラムが安定しないシーンがあったところでしょうか??
日本vsウェールズ③

総じてタックルはうまく決まり、1トライしか与えていないので組織的なディフェンスはうまく機能したと思います。


15日には東京秩父宮で同じカードが組まれているので、今回以上に激しいディフェンスで挑み、今度こそ大金星を挙げてほしいですね!!!
プロフィール

Taka

Author:Taka
19○○年大阪市に生まれる。

中学は野球、高校はラグビーを行い、20歳からパワーリフティングを始める。

主な戦績は
日本ロシア友好パワー大会 第2位
全日本実業団パワー大会  優勝
全日本実業団ベンチ大会  優勝
など

13年9月、東京から大阪へ再び転勤。

今後週末は子育てに専念致します。

FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ブログ検索
イケ麺時計
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
画面下を人々がお散歩するブログパーツ