--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 04. 03  
本日GOLD'S GYM EAST TOKYOにてトレーニングをおこなう前、江東区でも今まで足を踏み入れることのなかった清澄白河地区を散策しました。

今回は結構ボリュームがあるので、数回に分けて紹介します。


最初に訪れたのは「森下文化センター(田河水泡・のらくろ館)」で、名前の通り漫画「のらくろ」にちなんだスポットです。
田河水泡・のらくろ館①

その作者、田河水泡は、幼年期から青年期までを江東区で過ごし、平成10(1998)年ご家族から作品や書斎机などの遺品が江東区に寄贈され、この地に「田河水泡・のらくろ館」が開設されたとのことです。

「のらくろ」とは昭和6(1931)~16(1941)年まで、講談社「少年倶楽部」に連載された田河水泡の代表作です。
田河水泡・のらくろ館②

主人公の「のらくろ」は、小さな雑種のしかも天涯孤独の野良犬で、その境遇にもめげず、明るく、楽しく、元気よく活躍し、その当時日本で大ブレイクしたそうです。

猛犬連隊の二等卒からはじまった「のらくろ」は、一等卒、上等兵、伍長と昇進し、ついに大尉にまでなりました。

戦後、月刊誌「丸」に連載された「のらくろ」では、喫茶店のマスターとなりあこがれの「お銀ちゃん」と結婚してハッピーエンド、というストーリーです。


私はあまり「のらくろ」に想い出がないのですが、今回見学して「のらくろ」が日本の漫画のルーツであることがよくわかりました。

また日本を代表する多くの漫画家(手塚治虫、藤子不二雄、さいとうたかを、等)がここを訪れていたことにはビックリしました。
田河水泡・のらくろ館③

まさしく「日本漫画界の聖地」といった感じです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
深川江戸資料館見学記@江東区白河
NEW Topics
フレンチおでん「赤白」@梅田
リゾ鳴尾浜にてバカンス
ラーメン荘 これが好きだから@兵庫県西宮市
ヒルトンホテルのディナーバイキング
ティッシュペーパーカバー
蚕ノ社~広隆寺見学記
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Taka

Author:Taka
19○○年大阪市に生まれる。

中学は野球、高校はラグビーを行い、20歳からパワーリフティングを始める。

主な戦績は
日本ロシア友好パワー大会 第2位
全日本実業団パワー大会  優勝
全日本実業団ベンチ大会  優勝
など

13年9月、東京から大阪へ再び転勤。

今後週末は子育てに専念致します。

FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ブログ検索
イケ麺時計
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
画面下を人々がお散歩するブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。