--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 09. 30  
午前中トレーニングをおこない本日も神宮球場で野球観戦をしようと思ったのですが、台風17号が接近しているため早々に中止が決定。

そこで時間に余裕ができたため家へ帰る際少し寄り道をして、荒川・砂町水辺公園~荒川ロックゲート~大島小松川公園~竪川河川敷公園を散策しました。


荒川・砂町水辺公園

ちょっと風はきつかったのですがよく晴れていたため、今が見ごろのコスモスの花がスカイツリーをバックにとてもきれいでした。
コスモスと東京スカイツリー

またこの河川敷は釣りのメッカになっているようで、対岸に葛西臨海公園の大観覧車を望みながら多くの釣り人が釣り糸を垂れていました。
荒川河川敷


荒川ロックゲート

荒川と隅田川に挟まれた墨田区、江東区、江戸川区にまたがる荒川下流域は、地盤沈下のため地面の高さが海水面より低くまた地盤も弱いので、大きな洪水や地震がおきたら大きな被害が予想されるそうです。

そのため上記区域を流れる川(運河)の水位(約1mほど)を下げるため、荒川、隅田川の接する場所に閘門を作り、ここで水位を調整し行き交う船舶の往来を可能にしました。

その一つが荒川ロックゲートです。
荒川ロックゲート

残念ながら船が行き交うシーンを見ることはできませんでしたが、今後水運を利用した観光船を就航する予定で、その船に乗ってこのロックゲートを通過したいものです。


大島小松川公園

ここの公園はバーベキュー可のようで、多くの方がバーベキューをして楽しんでいました。

こんな住宅地から至近距離で、潤沢にあるスペースでバーベキューのできる公園があるなんて、江東区とは何と施設の充実した場所なのかと改めて感じました。

また「自由の広場」という芝生広場から見るスカイツリーは絶景です。
大島小松川公園から望む東京スカイツリー


竪川河川敷公園

竪川河川敷公園の五之橋から竪川人道橋の間がリニューアルしたので、そのエリアを中心に散策しました。
竪川河川敷公園

園内には多くの家族連れが水遊びをしていました。第一子もここへ来ればさぞかし喜ぶでしょうね。

またこの地域は三代目歌川豊国の生地として有名で、日本庭園を模したスペースや、豊国が描いた浮世絵のレプリカが飾られていて、一風変わった雰囲気の公園です。
歌川豊国の浮世絵

今回は行きませんでしたがカヌーカヤック場もあり、機会があればその教室に入ってカヌーを体験したいと思います。
スポンサーサイト
2012. 09. 29  
ヤクルトファンクラブの無料招待があと2回残っているので、今日明日で消化するため神宮球場へやって来ました。
神宮球場

今シーズン中日の試合を見るのは3試合目で、できれば同じカードを見るのは嫌だったのですが、私のスケジュール上このような形になってしまいました。

おそらくクライマックスシリーズのファーストステージはこのカードになると予想され(今日ヤクルトが勝てば3位確定)、両軍あまり手の内を見せないのではないか!?と思われます。


さて試合の方ですが、中日は2位が決定しているため、早いイニングから主力選手休ませるなど、「消化試合」の雰囲気がプンプン匂う展開になりました。
田中選手

それでも中日が序盤に4点入れ、川上-武藤-三瀬-岩瀬とすべてのピッチャーがピンチを背負うも見事完封リレー。結局4-0のスコアで中日が快勝しました。
最終スコア


中日は多くの選手が出場しそれなりの活躍をしたので、クライマックスシリーズへ向けいい調整ができた試合になったのではないか?と思います。

一方ヤクルトは今日負けましたが、広島も負けたのでクライマックスシリーズに出場することが決定しました。

ファーストステージは本日と同じカードで、どう見ても中日が一枚上手のように感じます。

ただし4点リードして終盤スクイズを敢行する中日の野球。あまり面白くはないけどね。
燕太郎


蛇足↓:
始球式の小学生の女の子、いい球投げていたなぁ~。
2012. 09. 28  
先日日本ラグビー協会から来年6月、ウェールズ代表を招いて日本代表がテストマッチ2試合をおこなう「リポビタンDチャレンジ2013」を開催するとの発表がありました。

ウェールズ代表は今年の欧州六カ国対抗で優勝し、昨年のワールドカップでもベスト4に入った世界の強豪です。

①梅雨の蒸し暑い時期の開催
②同じ時期にブリティッシュライオンズのツアーがあるようで、主力選手が数名抜ける。

など大昔に日本がスコットランドに大金星を挙げた時と条件が似ているので、私個人として「大物食い」を期待したい気分でいっぱいです。

また久しぶりに花園でテストマッチがおこなわれるので、是非とも満員の大観衆で試合が開催されればと思います(そうしないと大阪でおこなわれないようになりそうで..........)。

私も日程を調整して、大阪、東京の2試合とも観戦してみたいですね(無理かな!?)。


◎「リポビタンDチャレンジ2013」大会日程

平成25年6月 8日(土) 近鉄花園ラグビー場
平成25年6月15日(土) 秩父宮ラグビー場

※2試合とも14:00KO予定。
2012. 09. 23  
チャリティーマッチ観戦後、引き続きトップイーストリーグの釜石シーウェイブスvs横河武蔵野の試合を観戦しました。
釜石シーウェイブス 伊藤選手

両チームの試合は昨年大きな問題が起こったので、今年はお互いクリーンに戦ってくれれば、と思います。


さて試合の方ですが、雨の中での戦いになり、お互いキック主体の固いゲームになりました。
釜石シーウェイブスvs横河武蔵野①

ほぼ実力的に同レベルで、どちらが勝ってもおかしくない内容でしたが、わずかにトライ後のゴールキックの正確性で釜石が勝り、22-18のスコアで釜石が勝利を収めました。
釜石シーウェイブスvs横河武蔵野②


それにしても釜石の町の方々は本当にラグビーが好きなんですね。あいにくの天候にもかかわらず多くの方が秩父宮に詰めかけ、大きな声援をおくっていました。

トップリーグに地域密着のチームが昇格すれば盛り上がること間違いなしなので、これから個人的に釜石を応援したいと思います。
2012. 09. 23  
私のブログの7月5日付の記事にも掲載したとおり、秩父宮ラグビー場でおこなわれた「V7戦士チャリティマッチ」新日鐵釜石OBvs神戸製鋼OBの試合を観戦しました。
V7戦士チャリティーマッチ 試合前の記念撮影


メンバーは下記の通り。

新日鐵釜石OBの先発メンバーは、1999年6月27日に亡くなられた洞口孝治氏のポジションに長山時盛氏が入った以外、全員が7連覇の過程でプレーしたプレーヤーです。

一方神戸製鋼OBの先発メンバーは、2008年11月9日に亡くなられた兼平盛輝氏のポジションに福本正幸氏が入った以外、全員が日本選手権初優勝を遂げたときの「V1メンバー」です。

(氏名、出身校、年齢、C=代表キャップ)
【新日鐵釜石OB】
1.石山 次郎 能代工 55 C19
2.和田 透 函館北 62 C8
3.長山 時盛 大宮 50
4.千田 美智仁 黒沢尻工 53 C26
5.瀬川 清 釜石工 58 C3
6.宮本 政志 宮古商 59
7.氏家 靖男 黒沢尻工 56
8.小林 一郎 釜石北 61 C18
9.坂下 功正 宮古工 53
10.松尾 雄治 明大 59 C24
11.細川 直文 秋田工 6412.金野 年明 一ノ関工 55
13.森 重隆 明大 61 C27(欠場)
14.金子 敦行 筑波大 53
15.谷藤 尚之 函館西 61 C14
R.多田 信行 黒沢尻工 52
R.高橋 善幸 明大 49
R.桜庭 吉彦 秋田工 46 C43
R.高橋 博行 秋田高専 56
R.泉 秀仁 秋田工 48
R.佐々木和寿 宮古工 48
R.川崎 拓 釜石北 57
R.佐藤 勉 青森工 54
R.永岡 章 慶大 57
R.アンドリュー・マコーミック クライストチャーチボーイズ45 C25(欠場)

【神戸製鋼OB】
1.福本 正幸 慶大 44
2.中山 敬一 同大 52
3.山下 利幸 淀川工 45
4.林 敏之 同大 52 C38
5.大八木 淳史 同大 51 C30
6.広瀬 良治 明大 50
7.杉本 慎治 同大 48
8.大西 一平 明大 48
9.萩本 光威 同大 53 C1
10.藪木 宏之 明大 46
11.菅野 有生央 同大 53
12.平尾 誠二 同大 49 C35
13.藤崎 泰士 早大 51
14.竹本 信義 大商大 49
15.綾城 高志 同大 48
R.弘津 英司 同大 44 C1
R.清水 秀司 明大 42 C1
R.小村 淳 明大 42 C4
R.武藤 規夫 同大 47
R.山北 靖彦 法大 52
R.加藤 尋久 明大 45 C2
R.元木 由記雄 明大 41 C79
R.吉田 明 京産大 41 C17
R.増保 輝則 早大 40 C47
R.伊藤 紀晶同大 41

両チームともビッグネームばかりであり、私が中学~高校~大学時代にリアルタイムで見ていた関係上、そのときの出来事が走馬灯のように思い出し、非常に懐かしく感じました。


本日東京はあいにく朝から雨で、HP等で「雨天中止」となっていたため「今日はやらんな」と思っていたのですが、スクラム釜石のFacebookに「本日開催」の告知があったため、朝のトレーニングを早めに切り上げ、秩父宮へ向かいました。

午後1時30分キックオフ。
神戸製鋼 平尾選手

やはり雨の影響が大きく、両チームともボールを落とすシーンがしばしばありましたが、そんなことは関係なしに選手ファン全員が楽しめる素晴らしい試合となりました。
パスする 新日鉄釜石 松尾選手

一世代若い!?神鋼が情け容赦なく攻め続けトライを量産しました。特に前半の#15綾城選手、後半#13吉田明選手のランは現役時代を彷彿とさせる素晴らしい動きでしたね。
神戸製鋼 林選手(左)と新日鉄釜石 桜庭選手

最後の最後に釜石#10松尾選手のキックから劇的なトライを奪いノーサイド、30-4のスコア(トライは4点で計算)で神鋼が「形だけ」勝利を収めました。
ノーサイド

試合終了後両チームが、震災復興への誓いと、2019年ラグビーワールドカップ東京大会成功を祈念して場内を一周しました。
V7戦士場内一周

また釜石シーウェイブスvs横河武蔵野戦終了後、メインスタンド下で募金活動をしていて、お金を募金箱へ入れると両軍の選手が「万歳三唱」をするオマケまで付いていたため、結構集まったと思います。
募金活動

このようなイベントはホント素晴らしいと思います!!また開催してほしいですね!!
新日鉄釜石 松尾選手

神戸製鋼 平尾選手
2012. 09. 22  
第2試合はトップリーグ前半戦屈指の好カード、パナソニックvs東芝の戦いです。

東芝はこれまで3戦全勝ですがキヤノンとNTTコムには大苦戦で、チームのトップコンディションはまだまだ先、といったところでしょうか?

一方パナソニックも第2節のNTTコムに敗れる「大波乱」で、東芝同様シーズン終盤にチームのピークを持っていこうとしているのでしょうか?

両チームはこれまで様々な名勝負を演じているので、本日もそれにたがわぬ好ゲームを期待していました。

またこのブログでも紹介したオールブラックスのスーパースター、ソニービルウィリアムスがどんな素晴らしいプレーを見せてくれるのか!?非常に期待していました。
パナソニック#12ソニー・ビル・ウィリアムズ


さて試合の方ですが、総じて東芝のアタック、ディフェンスともによく、32-22のスコアで快勝しました。
東芝vsパナソニック①

いつ見ても思うことですが東芝のサポートプレイヤーの多さには驚かされます。試合の終盤でもまったく衰えないのでよほど厳しい練習をしているのでしょうね。今年も東芝から目が離せません。

一方パナソニックは数年前の鉄壁のディフェンスが影をひそめ、今日も5本もトライを取られました。
東芝vsパナソニック②

この状態が続くなのら、今年は「トップ3」から陥落するかもしれません。


それにしてもSBWのプレイは素晴らしかった!!あの芸術的なオフロードパスに感動させられました。今シーズンはパナソニック戦中心に観戦しよう。
プロフィール

Taka

Author:Taka
19○○年大阪市に生まれる。

中学は野球、高校はラグビーを行い、20歳からパワーリフティングを始める。

主な戦績は
日本ロシア友好パワー大会 第2位
全日本実業団パワー大会  優勝
全日本実業団ベンチ大会  優勝
など

13年9月、東京から大阪へ再び転勤。

今後週末は子育てに専念致します。

FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ブログ検索
イケ麺時計
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
画面下を人々がお散歩するブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。