--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 09. 27  
本日日本は予選プール最終戦のカナダと戦い、終始リードを奪いましたが終了間際にPGを決められ、23-23のスコアで引分けとなり、通算1引分3敗で最下位。結局勝利を挙げることができませんでした。

まだ地上波の放送前なので詳細はわかりませんが、正直非常に残念です。

初戦のフランとの戦いは非常に出来が良かったのに、次のニュージーランドに「どうせ勝てっこないので」と言わんばかりにメンバーを落として大敗。これでチームとしてのリズムが悪くなったのではないかと思います。

トンガとの試合はミス連発で取りこぼし、今回はほぼ勝利を手中していたにもかかわらず終了間際に追いつかれて引分けと、特に2戦目からまったくいいところがなかったですね。

1プールに5チームが入っているので日程が変則になるため、有利なチームと不利なチームが必然的に出てきてしまい、前述した通りニュージーランドにおこなったことがどうしても発生してしまいます。

これでは世界一決定戦と唄いながら興ざめてしまい、ラグビーがサッカーと比べて人気が出ないのは仕方がないと思います。

日本に話を戻しますが2019年に地元で開催するので、そのときには少なくとも決勝トーナメントへ進出しないとメンツが立たないでしょう。

そのために今まで以上に日本を強化するにはどのようなビジョンでおこなっていくのか明確な方針をたてて実行しないと、すぐ8年が経ってしまいそうな気がします。

私としては世界をアッと言わせるような超攻撃ラグビーを目指してほしいので、次期ヘッドコーチは現在サントリーのエディー・ジョーンズを据えて強化するのがいいんじゃないか!?と思います。
スポンサーサイト
2011. 09. 26  
約1年ぶりに牢獄ステーキハウス「ミスターデンジャー」へ行ってきました。

この日は駄敏丁カットで有名な「レストラン カタヤマ」のステーキを食べようと思ったのですが、30分待ちということなので泣く泣くカタヤマをあとにして、「ミスターデンジャー」へ。

ここも行列ができていましたけど、「1人」というと奇跡的にカウンターの1席が空いていて、待ち時間なしで店内に入りました。

もちろんオーダーは400gステーキの「2,000円セット(ごはん大盛)」です。
2000円ステーキセット

いつも思うことですが脂身が少ないにもかかわらず非常にやわらかく、あっという間に完食しました。

いや~ホント旨かった!!!
2011. 09. 25  
再び都電に乗車して、今度は新庚申塚駅で下車。巣鴨界隈を散策しました。


まずは妙行寺へ。

ここには赤穂藩浅野家の墓と、「東海道四谷怪談」のモデルになったお岩様の墓があります。元々は四谷にありましたが、1909(明治42)年に寺も墓もこの地へ移されたそうです。お岩様のお墓の前でお祈りすると願い事がかなうとのことでしたので、家族の健康と仕事が上手くいくよう祈念しました。
妙行寺 お岩様の墓


次に巣鴨庚申塚を訪れました。
巣鴨庚申塚

現在は庚申堂と日本神話に登場し、天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされるようになった猿田彦大神を合祀しています。


その巣鴨庚申塚を入口にのびる巣鴨地蔵通商店街はさすが「おばあちゃんの原宿」と言われるだけあって、多くのお年寄りでごった返していました。
”おばあちゃんの原宿” 巣鴨地蔵通商店街


その商店街の真ん中に、とげぬき地蔵があります。
”とげぬき地蔵” 高岩寺

正式名称は「曹洞宗萬頂山高岩寺」といい、1596(慶長元)年湯島に開かれ、1891(明治24)年にここ巣鴨に移されたそうです。

その中でもダントツに人気があったのが「洗い観音」でした。
”とげぬき地蔵” 高岩寺 ”洗い観音”

江戸時代におこった「明暦の大火」という火事で、当寺の檀徒の一人「屋根屋喜平次」は妻をなくし、その供養のため、「聖観世音菩薩」を高岩寺に寄進しました。この聖観世音菩薩像に水をかけ、自分の悪いところを洗うと治るという信仰がいつしかうまれたのが「洗い観音」の起源とのことです。

上記のことから私は念入りに「頭」を洗いました(○○師は違った意味で頭をよく洗うことでしょう)!!

その後巣鴨地蔵通商店街をコースアウトして、慈眼寺本妙寺を立ち寄りました。

慈眼寺には芥川龍之介のお墓が、
慈眼寺 芥川龍之介の墓
本妙寺には遠山の金さんこと遠山金四郎の墓がありました。
本妙寺 遠山金四郎の墓

その他にも歴史上の有名人のお墓があってちょっと感動しました。


更に都電に乗って鬼子母神へ行こうと思いましたが、もう陽が落ちてしまいましたので本日の散策は巣鴨で終了。終着駅の早稲田まで行き、メトロに乗り換えて帰宅の途につきました。
早稲田駅
2011. 09. 24  
本日昼から時間があったので、「都電一日乗車券」を購入して都電沿線を散策しました。

三ノ輪橋から都電に乗車。
三ノ輪橋駅

そこから約30分かかって飛鳥山で下車。それにしても車内はずっと満員でした。これなら都電(路面電車)を走らす意義もあると思います。

飛鳥山公園に向かう歩道橋からしばし都電を見ていましたが、線路の右カーブ手前に右折する道路があり、ほんの数分にも関わらず直進する都電と右折する乗用車とぶつかりかけたシーンを2度見ました。
飛鳥山交差点

その目の前に交番があって何名も警察官がいるのにね。交通整理をすればいいのに.........。

前置きが長くなりましたが、最初に訪れた飛鳥山公園は、1720(享保5)年、徳川8台将軍吉宗が1270本の桜を植えて、江戸庶民に開放したと伝わる公園です。

公園の入口付近で盆踊り(??)を踊っているグループがあったり、大勢の子供が遊具で遊んでいました。第一子がここへ着たら喜ぶでしょうね。
飛鳥山公園

またここの公園には3つの博物館があり、渋沢栄一の別邸跡の庭園は無料開放されていました。
渋沢庭園

その中には重要文化財の建物があったりととても格式がありました。やはり美しいものを見ると気分がいいものです。
2011. 09. 23  
渋谷区某所にて
ラーメン つけめん 僕イケメン
2011. 09. 21  
先日特別に迎賓館赤坂離宮の前庭が公開されていたので、しばし散策しました。
迎賓館 赤坂離宮1

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42(1909)年に東宮御所(後に赤坂離宮となる)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築物です。

戦後、わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆくなかで外国の賓客を迎えることが多くなったため、「旧赤坂離宮」を改修して迎賓館とすることになりました。
迎賓館 赤坂離宮2

昭和49(1974)年の開館以来、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談やレセプション、天皇皇后両陛下によるご訪問など華々しい外交活動の舞台となっています。

また、過去3回の先進国首脳会議や日本・東南アジア諸国連合特別首脳会議(平成15(2003)年)などの重要な国際会議の会場としても使用されています。

前庭の美しさはもちろんのこと、迎賓館の美しさ、威厳さ、規模の大きさにはただ圧倒されるばかりで、私が見てきた数多くの建物の中で間違いなくNo1です。
迎賓館 赤坂離宮3

ここに私が招待されることは絶対ありませんが、11月初旬に特別公開される迎賓館内部の参観に申し込んだので、なんとか抽選に当たって訪問したいですね。
プロフィール

Taka

Author:Taka
19○○年大阪市に生まれる。

中学は野球、高校はラグビーを行い、20歳からパワーリフティングを始める。

主な戦績は
日本ロシア友好パワー大会 第2位
全日本実業団パワー大会  優勝
全日本実業団ベンチ大会  優勝
など

13年9月、東京から大阪へ再び転勤。

今後週末は子育てに専念致します。

FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ブログ検索
イケ麺時計
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
画面下を人々がお散歩するブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。