--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 11. 29  
小石川後楽園へ行ったあと、皇居東御苑でおこなわれた「御即位20周年記念『儀装馬車運行』を見学しました。
大番所

儀装馬車の運行は昨日と今日しか実施していないので、非常に珍しいイベントです。

もう目の前で儀装馬車を見ることもないでしょうから、「この機会を見逃しなるものか」との思いで足を運びました。

儀装馬車とは、皇室の重要な儀式を行う際に使用される馬車で、1号から4号まであり、特に4号は外国からの特命全権大使か新任に当たって天皇陛下を奉呈する儀式(信任状奉呈式)の際、大使の送迎用に頻繁に使用されているようです。

本日は2,3号が運行されました。ともに昭和3年に宮内省主馬寮工場で製造され、2号は天皇陛下がご成婚された際使用されたとのことです。

会場は年配の方や外国の観光客で満杯でした。

午前11時に運行が開始し、儀装馬車が目の前を3度通り過ぎましたが、非常に優美で気品がありました。
儀装馬車2号

儀装馬車3号

やはり素晴らしいものを見るのはいいですね。感動しました。

そのあと皇居東御苑を散策したのですが、ここも紅葉がとても美しく、心が和みました。
天守台

本日は「日本に生まれてよかった」と実感できた1日でしたね。
スポンサーサイト
2009. 11. 29  
本日は飯田橋にある小石川後楽園を散策しました。

小石川後楽園は江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる。)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。
小石川後楽園1

光圀は作庭に際し明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけたとのことです。
小石川後楽園2

庭園は池を中心にした「回遊式泉水庭園」になっており、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配し、中国趣味豊かなものになっています。

本庭園の特徴として各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。

私は朝一に入園したので園内は非常に空いていてとても快適でした。
小石川後楽園3

紅葉は今が見ごろでとても美しく、また木々が生い茂り「ここは本当に東京都内か」と思うくらい素晴らしい庭園でした。
2009. 11. 28  
自宅から秩父宮ラグビー場へ行く途中、神宮外苑のイチョウの黄葉を見学しました。
神宮外苑の銀杏1

今月15日よりも黄葉が色づき、とても美しかったですね!!
神宮外苑の銀杏2

しかしものすごい見物客で、おかげでラグビーの観戦が遅れました。


ラグビー観戦後、駒込にある六義園へ紅葉のライトアップを見学しました。

六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていて、元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘って山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。

私は生まれてはじめて紅葉のライトアップというものを見学したのですが、とても幻想的で、昼間とはまったく趣の違った風景に感動しました。
六義園のライトアップ
2009. 11. 28  
今週から約1ヶ月間休止していたトップリーグが再開します。

休止期間はあのブレディスローカップが日本で開催されたり、2003年のワールドカップで互角の戦いを演じたカナダ相手に我が日本は2戦とも完勝したりと、何かといい話題が多かったですね!!

これから来年2月いっぱいまでラグビーシーズン本番になるので、好ゲームが1試合でも多くおこなわれるよう大いに期待しています!!


さて本日は秩父宮ラグビー場にて三洋電機vs神戸製鋼の一戦を観戦しました。

過去には何度となく死闘を繰り広げてきた両者なので、今日の試合も好ゲームが展開されることを期待しての会場入りです。


その前に前座としてトップイーストのNTTコミュニケーションvs三菱重工相模原戦がおこなわれていました。

両チームともここまで全勝をキープしているので、来年度のトップリーグ昇格に向け、負けられない一戦です。

後半から観戦したのですが、やはりトップリーグの試合と比べてミスが目立ちました。
091128NTTコミュニケーションズ(黄)-三菱重工相模原

自陣ゴール前でそうプレッシャーがかかっていないのにノッコンをしたり、同じく自陣ゴール前で無用にパスをつなぎ相手に捕まったり.......。それがことごとくトライにつながってしまい、そういい試合には見えませんでしたね。

両チームとももうちょっと丁寧な試合運びが望まれると思います。


続いては三洋電機vs神戸製鋼の戦いです。

私の注目選手は三洋のトニー・ブラウンです!!
トニー・ブラウン

期待通りの素晴らしい活躍で、相手ディフェンスラインにギャップができればそれを見逃さず必ずつき、見事なパスワークで三洋のトライを次々と演出しました。

また三洋の他の選手がブラウンの意図をよく理解していて、すべて連動して動いていたのには「すごい!!」の一言です。三洋が強い訳です。対抗できるのはサントリーだけかな??という感じです。
三洋電機-神戸製鋼

一方神鋼ですが、今日は勝てる要素がまったくありませんでした。はっきり言って「何の特徴もない中堅のチーム」に成り下がってしまったと思います。
神戸製鋼唯一のトライ

後半ブラウンが交代してから観客が途中で帰りだしました。野球と違い時間で試合が終わるスポーツでは異例のことだと思います。それだけ今日の試合(神鋼のゲーム)がつまらなかったことへの意思表示でしょう。

BKに攻め手がまったくなく無用なキックゲームに終始し、ゴール前ではモールを押すだけでした。

昔の創造性豊かな多彩な攻撃はどこへいったのでしょうか??非常に悲しかったです。今日の試合内容を真摯に受け止め一日も早く「あの素晴らしい」神鋼に戻ってほしいと思ったのは私だけでしょうか。

蛇足↓:今日はハーフタイムショーの「キッズデー ハイパントキャッチ」が一番盛り上がりました。
2009. 11. 26  
先日所要で浜松町へ行った際、浄土宗大本山「増上寺」を参拝しました。

私の実家は浄土宗なので、京都へ行ったときも知恩院へちょくちょく足を運んでいました。

関東では増上寺がもっとも有名なので、こちらへ来たら一度は顔をださないとなぁ~と思っていました。

知恩院の御影堂同様、増上寺の大殿も非常に規模が大きくとても霊験あらたかでしたし、
増上寺大殿
東京タワーが近いため大殿とツーショット写真が撮れるのは、なんともいえない趣があります。
増上寺大殿と東京タワー

また紅葉の季節なので周囲の紅葉(黄葉)が美しく、思わず見とれてしまいました。
増上寺の黄葉
2009. 11. 24  
本日業務終了後、新宿の花園神社でおこなわれた「酉の市」を見学しました。

花園神社の酉の市とは明治時代から始まり、大鳥神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をして、帰還の時にお礼参りをしたことにちなんで、日本武尊の命日である11月の酉の日におこなわれるようになりました。商売繁盛の熊手を売る露天商のにぎやかな声は、師走を迎える街に欠かせない風物詩で、毎年60万人もの人が訪れ、市の日は花園神社名物の見世物小屋を観るチャンスでもあります。

東京へ単身赴任で来てから、はじめてのお祭りらしいお祭りを見学したので、とてもテンションがあがりました。

しかしすごい人です。
花園神社 酉の市①

本殿への参拝は長蛇の列なので、断腸の思いで断念し、その横にあったお神輿を祭っているところで商売繁盛と家内安全を祈念しました。
花園神社 酉の市②

そのあと境内を練り歩いたのですが、商売繁盛を祈念したお飾り(というのかな??)
花園神社 酉の市③
を売っている出店の数がものすごく、また高額のそれを買うと「三本締め」をしてくれるようで、これは関西ではないことなので非常に興味深く見てしまいました。


そういう私は小さなお飾りを購入し、明日それを会社へ持って行き、自分の机の上に飾る予定です。
プロフィール

Taka

Author:Taka
19○○年大阪市に生まれる。

中学は野球、高校はラグビーを行い、20歳からパワーリフティングを始める。

主な戦績は
日本ロシア友好パワー大会 第2位
全日本実業団パワー大会  優勝
全日本実業団ベンチ大会  優勝
など

13年9月、東京から大阪へ再び転勤。

今後週末は子育てに専念致します。

FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ブログ検索
イケ麺時計
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
画面下を人々がお散歩するブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。