--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 03. 05  
1日大相撲の新弟子検査があり、ものまねで有名なコロッケさんの次男、滝川歩氏(18歳)が見事合格しました。
コロッケ次男

身長は172センチと小さいが、体重は132キロと堂々とした体格で、「関取になるるよう頑張りたい」と抱負を語っているそうです。

私は相撲が大好きなので、少しでも相撲人気の復活につながってくれればいいんですけどね。

写真は「森進一のものまねをする父のまね」だそうです。

さすが似ています!!
スポンサーサイト
2014. 03. 01  
午後からは住吉大社本殿でおこなわれた横綱奉納土俵入りを見学しました。
140301住吉大社参拝①

140301住吉大社参拝②

皆さんよく知っておられていて、境内は満員状態で、更に土俵入りをする第一本宮付近は招待客&早くから場所取りをしていた人たちで私が入り込む余地がなく、残念ながら両横綱が歩くシーンのみになってしまいました。
140301白鵬土俵入り①

140301白鵬土俵入り②

それにしても両横綱の身体の大きさはもちろんのこと、肌つやが非常にいいことに驚きました。
140301日馬富士土俵入り①

140301日馬富士土俵入り②

やはり今場所も両横綱が優勝争いの軸になりそうです。
2014. 03. 01  
本日朝、住吉大社の土俵でおこなわれた立浪部屋の朝稽古を見学しました。
140301立浪部屋 朝稽古①

数年前の朝稽古を見学したときと比べて、非常に緊迫感がある稽古をしていたように今回感じました。
140301立浪部屋 朝稽古②

これなら近い将来関取に昇進する力士も出てくるでしょうね。
140301立浪部屋 朝稽古③

稽古終了間際に保育園児が見学に訪れ、力士たちに「がんばれ~!!」と必死に応援していました。
140301立浪部屋 朝稽古④

それが原因で稽古が辞めるに辞めることができなくなってしまいましたが.........。
2012. 04. 29  
昨日同様これもおこなわれる毎に楽しみにしている「横綱審議委員会稽古総見」を見学するため両国国技館へ足を運びました。
横綱審議委員会稽古総見

朝6時30分前に国技館へ行ったのですがすでに長蛇の列!!やはりゴールデンウイーク期間中なので、地方から来られる方がお多いんでしょうかね!?待っている間多くの力士が会場入りしていました。

まず幕下で目立っていたのは山口でした。
幕下 山口(左)

十両の力士相手に連勝し、近々にも関取になる雰囲気がありました。

その十両で元気があったのは関取最軽量の隆の山でした。同じ十両の力士相手に4番ほど勝ち続け、会場内が大きくわきました。


それと高見盛が取組後自分と相撲をとって欲しいと土俵をダッシュして必死にアピールするも、あまり相手にしてくれなかったのはちょっと笑えましたね。


幕内で横綱白鵬の充実ぶりが際立っていました。
横綱白鵬

以前の稽古総見では関脇小結相手が取組の中心でしたが、今回は日馬富士以外の5大関相手に約15番ほど取っていました。
白鵬(左)-鶴竜

このことから鑑みると体調が良いんでしょうね。以前と比べて身体の張りが一番いいように感じます。


今場所も優勝は終わってみればやっぱり白鵬か!?という感じになりそうです。
2011. 12. 23  
昨年同様、両国国技館でおこなわれた横綱審議委員会稽古総見を見学しました。
横綱審議委員会稽古総見

7時の開門と同時に国技館に入り、土俵では幕下力士の稽古の最中でした。

十両の稽古では千代大龍の強さが際立っていました。早く幕内まで上がってもらって上位陣を脅かす存在になってほしいですね。

ところで十両まで番付を落とした高見盛は元気がなかったですね。ちょっと本場所が心配です。

幕内の稽古は横綱、白鳳の充実ぶり、
横綱 白鳳
琴奨菊、稀勢の里を中心の大関陣に元気があり、昨年と比べると活気のある稽古だったとお思います。
元気が良かった大関陣

特に新大関の稀勢の里は非常に調子が良く、白鳳にも分がいいのでひょっとすれば優勝するかもしれませんね。それだけの期待を抱かせるような内容でした。

逆に悪い意味で気になるのは日馬富士です。会場にはいてましたが相撲を取るわけでもなく横でずっと取り組みを見ていました。

新しく昇進した大関が好調さをアピールしているので前述の高見盛同様心配です。私の好きなタイプなので優勝争いに絡むような活躍をして欲しいんですけどね。
2010. 12. 23  
本日朝から東京自宅近くにある両国国技館でおこなわれた、横綱審議委員稽古総見を見学しました。
両国国技館

朝7時の開門にあわせて行ったのですが、国技館前にはすでに大勢の見物客が列をなしていてビックリしました。今年の相撲協会はいろんなことがありましたが、相撲人気は衰えずといったところでしょうか!?

会場に入るとすでに幕下力士の稽古が始まっていました。
幕下の稽古の模様

土俵上を大勢の力士が取り囲み、取り組みが終わるたびに次は稽古ができるよう順番を取り合っているさまは迫力がありました。

力士名はちょっとわかりませんが、小兵ながら筋肉質の外国人力士が結構人気がありました。特徴のある力士が幕内でがんばってくれれば面白いんですけどね。

その後十両の稽古に移り、次に幕内の力士の稽古となりどんどんレベルアップしているのが手に取るようにわかりました。どのスポーツにも言えますが、トップレベルの試合、練習を見ると迫力があります。

幕内の関脇以下の稽古では、大阪場所で私の実家近く(住吉大社)で稽古する立浪部屋の猛虎浪が元気があったように感じました。
幕内の稽古の模様

また、高見盛が出てくるとさすが人気者、大きな歓声が上がりました。

稽古が進むにつれ大関の把瑠都、
把瑠都
琴欧州、
琴欧州
魁皇が
魁皇
土俵入り(日馬富士は本日お休み)し、特に把瑠都の力強さが目立ちました。初場所の白鵬の対抗馬は把瑠都か!?という感じです。

最後に横綱、白鵬が入場。
白鵬

やっぱりオーラが違います。「悠然と構えている」という言葉がピッタリで、すり足をしても、四股を踏んでも
四股を踏む白鵬
絵になります。本日は関脇以下の力士数名と20番前後取り組み、負けたのは1番のみ。あとはほとんど上手投げで投げ飛ばし、格がまったく違うことを見せつけたと思います。初場所も優勝は鉄板か!?という感じですね。

最後のぶつかり稽古で、白鵬は稀勢の里に思いっきり稽古をつけていました。見ようによっては「先場所連勝ストップの腹いせか??」「いじめているの??」と思われるかもしれませんが、横綱があれだけ相手をしてくれるのですから、ある意味幸せです。


稽古終了後幕内力士が正面玄関でファンをお見送りしたり、入場時に引いたスピードくじで当たりが出れば横綱、大関の手形が本人から手渡されたりとサービス満点でした。

これで入場料は無料ならホントお得です!!

次回も機会があれば是非とも見学したいと思います!!
プロフィール

Taka

Author:Taka
19○○年大阪市に生まれる。

中学は野球、高校はラグビーを行い、20歳からパワーリフティングを始める。

主な戦績は
日本ロシア友好パワー大会 第2位
全日本実業団パワー大会  優勝
全日本実業団ベンチ大会  優勝
など

13年9月、東京から大阪へ再び転勤。

今後週末は子育てに専念致します。

FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ブログ検索
イケ麺時計
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
画面下を人々がお散歩するブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。